【開拓15〜17日目】道具小屋の柱を固定。車中泊で作業時間を捻出!

開拓記
この記事は約2分で読めます。

今回は自然大好きな息子が不参加なこともあり、テントを張って片付けに時間をかけるよりは「車中泊」で行こうとなりました。

さてさて、どうなりますやら。

前回まではこちら↓

現地についたら水の流れがかなり少くなっており、何処かで枯れ葉などが詰まっている様子。どの場所で詰まっているのか竹筒を開け閉めできるように細工をしました。

ノコギリとノミで節の部分を開けて節をしっかり削る
↑ノコギリとノミで節の部分を開けて節をしっかり削る
のん
のん

私には出来ないこまめさやわ〜

たか
たか

こんなことからしていかないと、水が使えなくて困るやん。慣れてや!

何十か所もある竹の節を全て抜いていく旦那
↑何十か所もある竹の節を全て抜いていく旦那

なんとか水の流れが戻ったことで、本来の目的の道具小屋建設作業へ。

インパクトドライバーで固定する箇所に穴をあける。

インパクトドライバーで穴を開ける
↑インパクトドライバーで穴を開ける

今度はその穴にネジを入れてしめる。

ドリルで開けた穴にビスをねじ込む
↑ドリルで開けた穴にビスをねじ込む

ちなみにここで使うネジ類は処分するおもちゃや家具などに使われていたネジ類を旦那が小学生の頃から溜め込んでいたものだ。

たか
たか

こんなこともあろうかと、長年溜め続けた甲斐があったよ(笑)

そしてあとは、ワイヤーで締めて固定する

ワイヤー(針金)で締め付ける
↑ワイヤー(針金)で締め付ける

こんな感じで出来上がってきてます。

屋根を載せる下準備ができた道具小屋
↑屋根を載せる下準備ができた道具小屋

頑張って周囲も伐採したので、かなりスッキリしました〜

母屋予定地から道具小屋をみたところ
↑母屋予定地から道具小屋をみたところ

焚き火の煙でぼやけてますが、屋根の骨組みが固定されたので、今度は同じく竹筒を半分に割り、内筒を加工したものを「屋根瓦」として活用していきます。

屋根を載せる準備ができた道具小屋を正面から見たところ
↑屋根を載せる準備ができた道具小屋を正面から見たところ

かなりスッキリした感じでしょ。竹藪側。

道具小屋横の藪を少し伐採したのでスッキリ
↑道具小屋横の藪を少し伐採したのでスッキリ

母屋側も。

↑道具小屋の東側も藪を整理。煙の奥に母屋を建てる予定

テントを張ることを考えずに作業に打ち込めたのが大きいかな〜

毎度の食事は、道具小屋予定地前で食べて車に戻ったらどっと疲れが出て寝転がってしまうと目が開かない〜(笑)

気が付かないうちに撮られてた〜

寝転がると即寝する私
↑寝転がると即寝する私

車の中で寝るのは、少し狭いけどテントと違って安心する〜。車中泊いいかも〜。

テントを張って片付けての時間を作業に費やすことができるわ〜。

次回は「屋根」かな〜。

次の記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました