史跡

【箕谷古墳群】わかりにくい入口・電気柵注意【兵庫県養父市】

兵庫県は養父市の北近畿豊岡自動車道「八鹿氷ノ山」インターチェンジ近く、箕谷(みいだに)古墳群のご紹介です。

こちらもチェック

週末、どこへ行こうか探しているならasoview!(アソビュー)もチェック!

全国の遊び場をお得に楽しむ情報が満載です。ポイントもたまります。

箕谷古墳群の情報

推古天皇や聖徳太子の時代の人物が埋葬されていると考えられている古墳群です。

昭和58年に公園整備のために発掘調査が行われ、兵庫県下では最古の年号を記した銘文入りの鉄刀が発見されました。銘文入り鉄刀にちなんでこの付近の公園は「つるぎが丘公園」と名付けられたそうです。

住所

〒667-0032 兵庫県養父市養父市八鹿町小山箕谷282番地つるぎが丘公園内

電話

社会教育課  079-664-1628

料金

無料

営業時間

特にありませんが、イノシシ対策の電気柵があるため実質6時〜18時

休日

なし

備考

イノシシ対策の電気柵が設置されています。夜間(18時〜翌6時)は電気が流れます。絶対に注意してください。

イノシシ電気柵注意

箕谷古墳群の訪問記

2019年7月30日に「箕谷古墳群」に訪問してきました。

入り口が微妙にわかりにくい

スマホのナビで史跡の看板はすぐに見つかりました。が、ナビの案内はここで「目的地に着きました。音声案内を終了します」と言われます。

私
いや、なんでやねん!ここからが知りたいのに!

と、思わずツッコんでしまいました。

箕谷古墳群の看板
この看板が目印

看板の右手に左にカーブした坂道がありますのでそこを入ります。車で入れますが道が狭いので注意。

箕谷古墳群の入り口
看板右手の坂道を登る

坂道を左にカーブしながら登ると左手にグラウンドが見えるほぼ直線の道が現れます。ここをまっすぐ道なりに進んでください。

箕谷古墳群ルート
道なりに進む

まっすぐ進むと正面に史跡が見えてきます。車は史跡を正面にして右手手前に少しスペースがありますので、そこに停めさせてもらいました。(写真を撮ったハズがデータが残っていなかったので申し訳ありません・・)

箕谷古墳群正面
史跡が見えてきます
箕谷古墳群史跡石碑
箕谷古墳群史跡の石碑

敷地内に入ると箕谷古墳群の説明書きが見えてきます。

箕谷古墳群の説明書き
箕谷古墳群の説明書き

イノシシ対策の電気柵に注意

箕谷古墳群の後ろは山です。イノシシ対策のために電気柵があります。18時〜翌6時は柵に電気が通っています。触ると感電する恐れがありますので充分に注意してください。

イノシシ電気柵注意

電気柵注意書きのすぐ右に電気柵を外せる部分がありますので外して中に入ります。帰りは必ず電気柵を元に戻して帰ってください。イノシシが道路に出てきてしまうと、近隣住民の方に大変な迷惑となります。

イノシシ電気柵
電気柵を外して中に入る

2号墳

敷地内に入り、古墳に近づくと一番手前に2号墳が見えてきます。

箕谷古墳群2号墳入り口
2号墳入り口
箕谷古墳群2号墳説明書き
2号墳説明書き

入り口を奥に進んでみます。

箕谷古墳群2号墳通路
入口を奥に進む

入り口を奥に進むと柵がしてあり、奥に埋葬品の一部や人型が見えます。

箕谷古墳群2号墳の埋葬品と人型
埋葬品や人型

2号墳の上部に登ると窓のようになっており、中が上から見れるようになっています。

箕谷古墳群2号墳上部の窓
古墳上部に窓がある

3号墳

2号墳の後方には3号墳があります。

箕谷古墳群3号墳
3号墳

4号墳・5号墳

3号墳から左方向には4号墳と5号墳があります。こちらは土を盛っただけの簡素な作りになっています。

箕谷古墳群4号墳と5号墳
箕谷古墳群4号墳5号墳から見た2号墳と3号墳
4号墳・5号墳から見た2号墳と3号墳

まとめ

綺麗に整備された古墳群でした。15分〜20分くらいあれば説明書きを読んで見て回ることができると思います。入り口がわかりにくいのでそこに注意すれば良いと思います。

あとは繰り返しになりますが、必ずイノシシ対策の電気柵には注意するとともに、お帰りの際は電気柵の閉め忘れに注意するようお願いします。

ABOUT ME
たかさん
たかさん
20年近く身を置いたある業界で仕事をするうちに、健康面やライフスタイルについて深く考えることが増え、理想と現在の生活スタイルにギャップを感じるようになり、ついに新たな挑戦として農的暮らしを開始しようと決意しました。